2009年10月06日

サルシューズ

フットサルシューズ選びは簡単なようですが、少しややこしいです。少々特殊な、経験と知識を必要とする作業です。フットサルシューズ選びについて単なるプレーヤーの私の経験からですが、基本としてとても大事だと思われるポイントを上げますので初めての方は特に、あるいはお子さんのフットサルシューズ選びの参考にしていただければ嬉しいです。

フットサルシューズは前後の遊びがないものを選ぶべきです。

つま先の感覚が大切なので、横幅よりも、まずは足のたてのラインがぴったりフィットするものを選んでください。横幅は後から付いてくる、最悪、フットサルシューズが広がるまで耐えるか紐で多少の調整を考えてみてください。足の縦のサイズが決まったら、次はフットサルシューズ本体、いわゆるアッパーの素材を決めましょう。

フットサルシューズで素足の感覚を伝える素材といえば天然皮革で決まりです。長くはきこんで、まめに手入れすればすばらしいMyフットサルシューズになります。野球のグローブでもわかるように、いい素材の天然皮革は伸縮性に優れているので、多少きつめでも対応してくれる利点もあります。フットサルシューズも5mm刻みのサイズですから、縦のサイズだけでも合う合わないは個人差があります。

あるフットサルシューズメーカーの市販の靴でジャストフィットであるならば、合成皮革は丈夫で防水性もあって何より安いのが学生さんにもお勧めです。しかし合成皮革アッパーのフットサルシューズはあなたの足の形やサイズがそのメーカーのそれとジャストサイズでない場合、伸縮性に乏しい合成皮革のアッパーはフットサルシューズとして選ぶべきではありません。

天然皮革や合成皮革のフットサルシューズ以外に、最近一流選手モデルなども出て人気が出ているのは布やメッシュ、あるいはそれらと合成皮革などの複合素材を用いたフットサルシューズですね。布素材は織り方で様々なフットサルシューズを作ることができますし、成型しやすいことからセミオーダーなど、ファンは確実に存在します。

フットサルシューズの選択で初心者が混乱するのはソールの種類が何種類もあってそれがぜんぜん違うことです。どれをどういうところで使えばいいのか、フットサルシューズの知識がないとさっぱりわかりませんからね。でも、これはしっかり選ばないとせっかく買ったのに使えないということになりかねません。

実際にフットサルシューズを手にとって足に履き、比較した上でこういうところで(笑)ネットで安く買うのがお勧めです。
posted by 優 at 21:23| Comment(0) | スポーツ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。